FCチャンネルがいいと判断したFCのみ48件 掲載中

FCコラム

フランチャイズオーナーってどんな人?年収・仕事内容・向いている人のポイントを解説

フランチャイズオーナーってどんな人?年収・仕事内容・向いている人のポイントを解説

この情報をシェアする

「フランチャイズのオーナーって儲かるの?」

「フランチャイズに加盟するか悩んでいる」

このような悩みを抱えていませんか?

フランチャイズオーナーといえば、一国一城の主。脱サラして、独立や起業を目指しているなら、オーナーという言葉には少なからず惹かれるものがありますね。

今回は、フランチャイズオーナーの役割や仕事内容、年収について紹介し、フランチャイズオーナーに向いている人・向いていない人についても詳しく解説します。

フランチャイズオーナーとは?

サラリーマンを辞めて、何かビジネスを始めたいと思っているなら、フランチャイズビジネスを考える人は多いでしょう。

フランチャイズオーナーになれば、規模は小さくとも「社長」という肩書を手にすることができます。

フランチャイズオーナーとは、コンビニエンスストアや飲食店、買取店、お掃除サービス、塾、訪問介護など、各種フランチャイズチェーンと加盟契約を結んで、事業の運営を手掛ける人のことをいいます。

フランチャイズオーナーの仕事は?

加盟したフランチャイズによって業務の内容は違いますが、従業員を雇わずにスタートするなら、オーナーとはいえ、運営に関わるすべての業務をこなさなければなりません。

例えば、買取フランチャイズの場合なら、商品の査定、販売先の確保、経理、電話対応、店舗での接客、商品知識を得るための勉強、本部とのやりとりなど、仕事の内容は多岐に渡ります。

店舗の運営が軌道に乗ってきて従業員を雇うことになったら、お客様の接客などを任せることも可能です。

しかし、店の経営を任せることはできません。

フランチャイズ本部からさまざまなサポートを受けることはできますが、直接経営に携わるのはオーナー自身。従業員の教育も大切な仕事になるでしょう。

どんな人がフランチャイズオーナーに向いている?

フランチャイズ経営に失敗するケースで一番多いのは、あまり興味のない業界に挑戦したけれど、うまくいかなかったというパターンです。

フランチャイズにはさまざまな業種があります。

例えば、買取フランチャイズの場合、小さな店舗でスタートできることや在庫を抱える必要がないことなどから、注目度が高い業界といわれています。

ところが、買取業界にまったく興味がなく、ただ初期投資やリスクが少ないという理由だけで参入したらどうなるでしょうか。

いくら本部からの手厚いサポートを受けることができても、商品の目利きや相場を判断する目などを磨くことは、それなりの努力が必要となるため、運営が長続きしなくなる可能性があります。

多くのフランチャイズは未経験でも参入可能ですが、自分に向いている業界かどうか、冷静に判断したいものです。

また、今は人材不足の時代なので、いい人材を育て、定着させることも重要です。

現場の仕事を任せられるような人材を育てることができれば、フランチャイズオーナーは経営に専念できますね。

そして、今後長く付き合っていくであろうフランチャイズ本部との関係性を築くことも、オーナーの大切な仕事のひとつと言えます。

他にも、フランチャイズオーナーに向いている人の特徴は以下が挙げられます。

  1. 開業資金がある
  2. 経営経験、事業責任者の経験がある
  3. 行動力があり創意工夫ができる
  4. 人材育成が得意

フランチャイズオーナーの適性:①開業資金がある

お金の時間価値ってなに?もう損をしない!(要約)ざっくりわかるファイナンス - Saltyの備忘録

フランチャイズオーナーには、ある程度の資金力がある人が向いています。

理由としては、お店をオープンするまでには様々な場面での支払いが必要になるからです。

具体的にはフランチャイズへの加盟金や保証金、店舗に設置する設備の費用や商品の仕入れ費用、運営ノウハウを学ぶための研修費や人材を確保するための採用費用に加え、開業してからもしばらくの間、運転資金は自己資金から捻出する必要があります。

開業資金の目安としては、業態にもよりますが300万円〜2,000万円となっています。

日本政策金融公庫や銀行、補助金などを利用すれば費用をまかなうことも可能ですが、前提として、ある程度の資金がなければ融資を獲得するのは難しいでしょう。

オーナーになるにはある程度開業資金を用意する必要があります。

フランチャイズオーナーの適性:②経営経験、事業責任者の経験がある

経理を代行(アウトソーシング)したい!おすすめサービス7社比較 | リモートワーク - anywher

経営経験や事業責任者の経験がある人も、フランチャイズオーナーに向いています。

なぜなら、フランチャイズオーナーというのは、店舗の経営者になることだからです。

経営者は店舗の運営に関する全ての責任を持ち、ヒト・モノ・カネの流れを管理する人です。

毎月給料が必ず振り込まれることが決まっている店長とは違い、売上をあげなければ自分の収入を得られないというプレッシャーがあります。

そんなプレッシャーと戦いながら、店舗運営に邁進していかなくてはなりません。

経営の経験があればやるべきことが分かるため、プレッシャーを力に変えやすくなるでしょう。

フランチャイズオーナーの適性:③行動力があり創意工夫ができる

【経験済み】内部推薦に向いている人はやりたい事が決まっていない人【内部推薦を考えるあなたへ】 - 気軽にブログを楽しむ

フランチャイズオーナーを続けられる人は、行動力があり創意工夫を心がけることができる人です。

繰り返しになりますが、フランチャイズオーナーは事業経営をおこなう責任者になりますので、フランチャイズ本部からの基礎的な方針についての指示はあるかもしれませんが、自分の責任と行動で店舗を運営していく必要があります。

店舗の経営を助けてくれるのは自分しかいないと覚悟して行動できる人がオーナーに向いています。

また、フランチャイズの中でも良い成績の店舗がある一方で、芳しくない成績の店舗も存在します。

同じノウハウを実践しながら自分の店舗の経営を向上させるには、組織管理や店舗運営について、自分なりに創意工夫を積み重ねることが欠かせません。

フランチャイズオーナーの適性:④人材育成が得意

人材育成写真素材、ロイヤリティフリー人材育成画像|Depositphotos®

フランチャイズオーナーは人を育てることも仕事の一つですので、人材育成が得意な人もオーナーに向いています。

フランチャイズ店舗を成功に導くには、フランチャイズ本部が提供するノウハウを余すことなく店舗運営に反映させることが大切です。

ノウハウを適切に実践するには販売する商品・サービスについての知識や接客・営業に対するモチベーションが欠かせません。そのようなスタッフを育てるのはオーナーの役目です。

人材育成が得意なオーナーが運営する店舗は、遅かれ早かれ成績を軌道に乗せることができる可能性は高いです。

フランチャイズオーナーの年収は 

参入するフランチャイズによって、開業に必要な資金も違えば、支払うロイヤリティも違うため、一概に年収を語ることはできません。

また、お店を開く場所や地域性によっても、稼げる金額に差が出てくるのは当然です。

開業までに加盟金や保証金、研修参加費なども必要です。

開業後も本部に支払うロイヤリティに加え、人を雇えば人件費がかかりますし、立地の良い場所に店を開いたら家賃もかさむでしょう。

「フランチャイズ本部が提示している収支シミュレーションでは、月にこのくらいの売上があるはずだったのに……」と後悔しないように、さまざまな状況を想定して、収益について分析しておくことをお勧めします。

今回は代表的な六つの業界を紹介します。

関連動画も載せているので動画と合わせてご覧ください!

  • 買取店
  • 飲食店
  • コンビニ
  • リペア
  • ハウスクリーニング

フランチャイズオーナーの年収:①買取店

買取専門店「大吉」が2018年12月14日(金)大阪府に新店舗『大吉・十三駅前店』をオープン|株式会社エンパワーのプレスリリース

買取のフランチャイズは市場自体が成長段階にあることから、軌道に乗れば、オーナーの年収も市場の後押しを受けられることでしょう。

買取業界のフランチャイズオーナーの平均年収は700万円〜1,000万円となっており、他のフランチャイズに比べて高い収入を得られる可能性のあるビジネスでもあります。

買取ビジネスの開業では大きな店舗は必要ありませんし、本部からの研修などを活かして知識やノウハウを身につけることができれば、そこまで難易度の高い開業にはなりません。

多数あるフランチャイズの中でも魅力的な業界の一つです。

フランチャイズオーナーの年収:②飲食店

Closest Mcdonald S Near Me - Search Craigslist Near Me

多くの店舗がフランチャイズとして運営されているのが飲食店業界です。

飲食店のフランチャイズオーナーの平均年収は500万円〜1,000万円といわれています。

年収が1,000万円を超えるケースもありますが、店舗の規模には大きな幅があり、数十万円から開業できる店舗から2,000万円以上の開業資金が必要な店舗もあります。

ただ、一概にどのお店でも年収1,000万円を目指せる訳ではないので注意してください。

フランチャイズオーナーの年収:③コンビニ

フランチャイズの代表格といえばコンビニエンスストアでの開業です。

業界オーナーの平均年収は400万円〜600万円前後となっていますが、本部との契約によっては売上の2割程度しか収入を得られていないオーナーもいるようです。

コンビニエンスストアのフランチャイズは本部へ支払うロイヤリティの割合が高い業界でもあるため、「稼ぐ」ということに関して言えば、そこまで旨味のある仕組みとは言えないかもしれません。

フランチャイズオーナーの年収:④塾

武田塾御茶ノ水本校の校舎紹介をします!! - 予備校なら武田塾 御茶ノ水本校

学習塾についても数多くのフランチャイズが存在しています。

フランチャイズ塾のオーナーの平均年収は500万円〜700万円です。

本部の知名度が高ければそれを活かして生徒の集客ができるため、短期間のうちに経営を軌道に乗せやすい点がメリットです。

フランチャイズオーナーの年収:⑤リペア

フランチャイズ『ホイールリペア』 年収1000万円も射程内|フランチャイズ比較ネット

リペア(修理)業界は少ない資金で高い年収を獲得できる可能性のあるフランチャイズの一つです。

リペアのフランチャイズオーナーの年収は500万円〜700万円といわれていますが、商品の仕入れや在庫を抱えるリスクがなく、100万円以下の小資金で始められるビジネスです。

ただし、小資金で始められる分、ライバルも多い業界でもあります。

フランチャイズオーナーの年収:⑥ハウスクリーニング

早い!安い!丁寧!ベテランが行う清掃サービス|隆祐サービス

ハウスクリーニングは共働きが可能で高齢になっても続けられるビジネスです。

ハウスクリーニングのフランチャイズオーナーの平均年収は600万円〜900万円で比較的高く小資金で始められるビジネスでもあります。

フランチャイズオーナーの年収を上げるためのポイント

経営次第では年収1,000万円超えも目指せるフランチャイズオーナーですが、収入を上げるには相応の努力や工夫が必要になります。

ここでは、フランチャイズオーナーの年収を上げるためのポイントを3つ解説します。

  • 集客強化
  • 店舗規模の拡大
  • 多店舗展開

フランチャイズオーナーの年収を上げるためのポイント:①集客強化

ソース画像を表示

収入を上げる方法の1つとして、集客の強化があります。

当たり前ですが、集客を増やすことができれば、運営する店舗の売上を上げることができますから、店舗の収益の増加はオーナーの収入の増加に繋がることでしょう。

集客については、フランチャイズ本部が、ある程度宣伝をしてくれるのが一般的ですが、集客を増やしていきたい場合は店舗独自の宣伝も取り入れる必要があります。

フランチャイズオーナーの年収を上げるためのポイント:②店舗規模の拡大

GettyImages-491774812 - Atlona® AV Solutions - Commercial & Residential

収入を上げる2つ目の方法は、店舗の規模を拡大することです。

飲食店など、お客さんに店舗に来てもらうビジネスの場合、店舗を広くすることでキャパシティを増やすことができため、より多くのお客さんを相手にビジネスをすることができます。

ただし、店舗の規模を拡大するだけでお客さんが増えるとは限りませんので、同時に集客強化にも力を入れるのがおすすめです。

また、規模を拡大してお客さんが増えれば、接客をする従業員を新たに増やす必要が出てきますから、規模拡大が収益にしっかり繋がるかどうか、お店を広げる前に費用の計算をしておきましょう。

フランチャイズオーナーの年収を上げるためのポイント:③多店舗展開

多店舗展開を実施すれば、収入を一気に上げられます。

お店を増やすことができれば、その分収入源を複数持つことができるからです。

ただし、複数店舗の展開に踏み切るのは、1店舗目での成功が前提となります。

1店舗目で運営ノウハウをしっかりと蓄積し、準備を整えてから新店舗の開業へ移りましょう。

フランチャイズオーナーの適正年齢は?

適正年収はいくら?年齢・業種・学歴の平均年収から考えてみよう!【クレジットカードのことならCredictionary】

フランチャイズのオーナーに挑戦すべき最適な年齢はありません。

ですが、おおむね35〜55歳の年齢の方がフランチャイズのオーナーになるケースが多いです。

その理由としては、オーナーに向いている条件でもご紹介した資金・経験・行動力が備わっている人が多い年齢でもあるからです。

社会の厳しさや壁に直面した際の問題解決方法を経験として学んでいることは、フランチャイズのオーナーとしての店舗運営にも役立つはずです。

まとめ

今回は、フランチャイズオーナーの年収や仕事内容、向いている人について解説しました。

独立や起業を目指す人にとって、オーナーになれるフランチャイズは非常に魅力的に映ることでしょう。

オーナーは経営者として店舗運営に関わる全ての業務をこなしていく必要があります。

実践を通して経営スキルを身に付けていけば、高い年収を獲得することも夢ではありません。

最後まで読んでくださりありがとうございました。今回の記事が参考になりましたら幸いです。

最後に…

フランチャイズチャンネル通信では、フランチャイズに関する超有益な情報を発信しております!

フランチャイズチャンネル通信に無料会員登録をすると、FCチャンネルが良いと判断したフランチャイズブランドの情報だけを皆様へお届けしています!

また、絞り込み検索機能であなたにあったフランチャイズを発見することも出来るでしょう!

まずは無料会員登録を!

https://fcch.news/ 登録はこちらから!

また、弊社では「FC本部の学校」というサービスを開始いたしました!

「フランチャイズ業界健全化のために、健全な本部を育てオーナーを支援します!」

ここでは受講することで得られる3つのメリットがあります。

①FC本部の学校認定マーク

→いい本部づくりの姿勢を示し、加盟検討社に安心感を!

②FCチャンネル出演の可能性

→メディア露出による加盟検討社の増加見込み!

③本部運営のサポートを受けられる可能性

武田塾を始めとした様々なフランチャイズのノウハウを共有!

少しでも興味を持っていただけたらお申し込みはこちらまで!!

https://fc-gakko.com/

この情報をシェアする

関連する記事

news

新着ニュース

  • 2024/04/15

    おすすめFCブランド、FC加盟説明会動画に「CANDY SPIN」を追加しました。

  • 2024/04/11

    おすすめFCブランドに「脱毛サロンEKURE」を追加しました。

  • 2024/03/12

    FC加盟説明会動画に「デリステーション」を追加しました。

FC COLUMN

新着FCコラム

column

新着コラム

FCチャンネル YouTubeチャンネルはこちら