FCチャンネルがいいと判断したFCのみ49件 掲載中

FCコラム

飲食業のフランチャイズを始めるには?メリット・デメリットを徹底解説

飲食業のフランチャイズを始めるには?メリット・デメリットを徹底解説

この情報をシェアする

「飲食店のフランチャイズに加盟するメリットやデメリットは?」

「フランチャイズって儲かるの?」

「ロイヤリティはいくらかかる?」

フランチャイズをはじめるにあたって、このような不安をお持ちではないでしょうか?飲食店を開業したいと思ったときに、自分でお店を出すか、フランチャイズに入るべきか迷う方は多いです。

フランチャイズで失敗しないためにも、フランチャイズビジネスへの理解は必須です。

そこで本記事では飲食店のフランチャイズ加盟について、分かりやすく解説しています。これからフランチャイズに加盟しようか悩んでいる方も参考になる記事ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

飲食店のフランチャイズとは

飲食店のフランチャイズとは、すでにあるお店の商標や経営ノウハウを利用する権利を得られる契約方式。

加盟者は、これらの権利を提供してもらう代わりに、本部へ加盟金やロイヤリティなどを支払います。

ちなみに、街で見かける飲食店の多くは、じつはフランチャイズということが多いです。

自分でお店をはじめるよりも、すでに成功しているお店の看板やノウハウを利用したほうが、成功の確率は高くなりますよね。

なお、フランチャイズ本部(親会社)をフランチャイザー加盟するお店側をフランチャイジーと呼びます。

飲食店のフランチャイズ契約の3つの形式

そんな飲食店のフランチャイズ契約には、以下の3種類の形式があります。

  • 一般的なフランチャイズ契約
  • ライセンス契約
  • フリーネーム

1つずつ見ていきましょう。

飲食店のフランチャイズ契約:①一般的なフランチャイズ契約

一般的なフランチャイズ契約では、本部のブランド・ノウハウを利用できる代わりに、毎月ロイヤリティを本部に支払います

また、店舗の内外装や運営方針など、基本的にはすべて決まっているため、自分の個性を出したお店づくりはできません

一方で、本部からのサポートを受けられるので、経営がはじめてという方も手が出しやすいといえます。

例えばマクドナルドの場合、フランチャイズ店舗でも直営店と同じような内装を施し、運営方針もしっかりと決められています。

また、内外装工事が必要なため、お店を構えるための初期費用が最もかかる契約形式でもあります。

一方で本部の知名度・信頼度などのメリットを一番活かせるのが、一般的なフランチャイズ契約の魅力です。

飲食店のフランチャイズ契約:② ライセンス契約

ライセンス契約は、本部の商標やレシピなどを使う権利は得られますが、本部からのサポートは受けられません

その代わり、経営方針は自由に決めることが可能です。

フランチャイズとライセンスの違いが分からないという声が多くありますが、最大の違いはサポートの有無と経営の自由度の違いといえます。

店構えを変える必要がないので、ほかの飲食店の営業時間外にライセンス契約の商品を売るという方法も可能です。

たとえば、バナナスムージー専門店のまがりDEバナナが、この形式の代表例。

内装や営業時間に決まりがないため、夜に居酒屋を経営して、昼間はまがりDEバナナを運営して利益を上げられます

自由度が高い契約の一方で、自らの判断で経営方針を決めていく必要がありますが、その分柔軟に経営が行える点がライセンス契約の強みです。

現在では、まがりDEバナナのラーメンも誕生しています!気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

飲食店のフランチャイズ契約:③フリーネーム

フリーネームとは、その名のとおり店舗名を自由に決められる契約です。

フリーネーム契約で得られるのは、レシピや経営ノウハウのみ。ほかは全て自分の自由に決められるのが特徴です。

例えばラーメン店をフリーネームで出店する場合、すでに実績のある人気ラーメンを看板メニューとしつつ、内装や屋号を自由に決められます。

自分のお店を持ちたいけれど、一人で運営していくのは不安があるという方にピッタリのスタイルです。

飲食店のフランチャイズに加盟する4つのメリット

フランチャイズの契約形式を理解したところで、飲食店のフランチャイズに加盟するメリットを4つご紹介していきます。

  • 知名度を借りられる
  • 商品開発が不要
  • 食材を仕入れしやすい
  • 運営・経営のノウハウを得られる

飲食店のフランチャイズに加盟するメリット:① 知名度の高いブランドを使える

フランチャイズ加盟の最大のメリットは、フランチャイズ本部のブランドを使える点です

すでに知名度があるので、認知度アップやブランディングのための活動が不要なのは嬉しいポイント。

そのため、広告宣伝費を削減でき、はじめから高い売上が期待できます。

仮に個人店で開業した場合は、お店を認知してもらったり、お客様から信頼を得たりするまでに相当な時間と労力がかかります。

その工程を本部のネームバリューでスキップできるのは、フランチャイズの大きなメリットといえるでしょう。

飲食店のフランチャイズに加盟するメリット:②商品開発が不要

お店を運営するうえで、商品やメニューの開発は必須です。

本来であれば、徹底した市場調査を行ったうえで、何度も試作品を作るわけですが、フランチャイズに加盟すれば、これらの商品開発は全て本部が担ってくれます

完成された商品・サービスを本部から提供してもらえるので、効率的な運営が可能です。

飲食店のフランチャイズに加盟するメリット:③食材を仕入れやすい

個人店よりも食材を仕入れやすい点もフランチャイズのメリットです。

本部が仕入れ先を指定する場合が多いため、加盟店側で仕入れ先を探す事はありません。

さらに、本部が一括で仕入れる場合、個人店よりも大きなロットで仕入れられるので、原価を抑えることができます。

フランチャイズ本部と仕入れ先との契約により、品質や量を安定して供給してもらえるのも安心できるポイントです。

飲食店のフランチャイズに加盟するメリット:④運営・経営のノウハウを得られる


フランチャイズでは、本部の持つ商標やブランドだけでなく経営ノウハウも提供してもらえます

フランチャイズに加盟すると、本部による研修があり、お店の運営方法から売上の管理まで、本部が持つ経営者ノウハウを学ぶことが可能。

また、加盟店の指導や助言をするスーパバイザーを設置する本部もあり、開業後のサポートも充実していますよ。

飲食店を成功させるためには、料理の腕を磨くだけではなく経営ノウハウも必要です。

自分でゼロから学ぶより、何店舗も運営しているプロから学ぶ方が効率が良いのは間違いありません。

はじめて飲食店を開業する方や、開業したけど軌道に乗らないという方には、フランチャイズ加盟を検討してみたはいかがでしょうか?

飲食店のフランチャイズ加盟の3つのデメリットや注意点

ここまでメリットをお伝えしてきましたが、飲食店のフランチャイズ加盟にはデメリットも3つあります。

  •  加盟金やロイヤリティがかかる
  • 運営の自由度が低い
  • 商品やメニューでオリジナリティを出しにくい

それぞれ説明していきます。

飲食店のフランチャイズ加盟のデメリット:①加盟金やロイヤリティがかかる

1つ目のデメリットは加盟金やロイヤリティがかかることです。

それぞれ、加盟金は加盟時に、ロイヤリティは毎月支払います。

金額はブランドによってまちまちですが、加盟金は100万円程度、ロイヤリティは売上の10%前後が目安です。

個人経営なら必要のない出費ですが、商標や経営ノウハウを提供してもらえるメリットを考えると、決して高い金額ではないでしょう。

しかし、フランチャイズ加盟の際に負担となるのは事実。そのため、加盟金や毎月のロイヤリティについては、あらかじめしっかりと確認しておくことが大切です。

飲食店のフランチャイズ加盟のデメリット: ②運営の自由度が低い

一般的なフランチャイズ契約では本部の運営方針に従う必要があるため、自由度が低くなる点がデメリットです。

たとえば営業時間が指定されていたり、キャンペーンの開催期間や価格が全国統一だったりします。

また、基本的には店舗の内外装も指定されるので、居抜き物件は使えず、内外装の工事が必要です。

この工事にかかる費用も加盟者にとっては大きな負担になります。

なお、すべてのフランチャイズが店舗の内外装まで指定するわけではありません。少しでも初期費用を抑えたいのであれば、居抜きでもはじめられるフランチャイズを検討するといいでしょう。

飲食店のフランチャイズ加盟のデメリット: ③商品やメニューでオリジナリティを出しにくい

フランチャイズでは各自で自由にメニュー展開をできない場合がほとんどです。

本部のブランドイメージを保つためには、クオリティを一定に保つことが必須

どこでも同じ味だからこそ、ほかのお店よりも安心感があり、「とりあえずここのお店行こう。」となるのです。

とは言え、一部にはオリジナルメニューを許可しているフランチャイズもあるので、加盟の際は事前に確認しておきましょう。

たとえば餃子の王将では、全国統一のメニュー以外に各店舗で開発されたメニューを提供しています。

自分で考えた料理を出したい場合は、そのような自由度の高いフランチャイズを選ぶのも1つの方法です。

飲食店のフランチャイズ加盟にかかる資金やロイヤリティ

ここでは、飲食店のフランチャイズにかかる2つの費用を紹介していきます。

  •  加盟金
  • ロイヤリティ

1つずつ見ていきましょう。

 飲食店のフランチャイズにかかる費用:①加盟金

フランチャイズに加盟するために本部へ支払うお金のことを、加盟金といいます。

本部と契約を結ぶ際に一時的にかかるお金なので、継続的に支払う事はありません。金額は中小規模のチェーン店なら100万円程度、大手だと200万円以上かかることもあります。

なお、加盟金には研修費用や販促用品費を含む場合と、そうでない場合がありますので、。加盟を検討する際には、事前に確認しましょう。

飲食店のフランチャイズにかかる費用:②ロイヤリティ

ロイヤリティとは、商標やサービスを利用する対価として、毎月本部に支払う費です。

ロイヤリティの金額は、主に以下の3パターンで決まります。

  • 売上金額に対する一定割合
  • 毎月定額
  • 仕入れ原価に含まれている

一般的には、売上の◯%と設定しているフランチャイズが多いです。

また、ロイヤリティという形ではなく、仕入れ原価に本部の利益を上乗せするという方法もあります。そのため、ロイヤリティが無料だから優良企業とは限りません。

フランチャイズ先を選ぶ際は、ロイヤリティだけで選ばずに、利益率や運営方法など、ほかの要素もしっかり吟味した上で決めましょう。

飲食店のフランチャイズ本部を選ぶときの4つのチェックポイント

ここからは、加盟するべきフランチャイズ本部の選び方を紹介します。チェックポイントは以下の4つです。

  • 知名度やブランド力
  • 商品力
  • 運営の自由度
  • 事業の再現性

1つずつ解説していきます。

飲食店のフランチャイズ本部を選ぶときのチェックポイント:①知名度やブランド力

1つ目のチェックポイントは、知名度やブランド力があるかどうかです。

ブランドによる集客力がなければ、フランチャイズに加盟するメリットが得られません。

誰もが知っている有名店であればベストですが、必ずしも大手ではなくても大丈夫です。

「地域に根付いているお店」や「若い人に人気」など、ターゲット層に知られているお店を選んでもいいでしょう。

飲食店のフランチャイズ本部を選ぶときのチェックポイント:②商品力

フランチャイズ加盟時には、本部のブランド力だけではなく、商品力も重要なポイントです。

その店舗ならではのオリジナルな商品があるかどうかをチェックしましょう。

消費者から絶大な人気を誇るメニューがあれば、それだけで集客力や売上を期待できます。

飲食店のフランチャイズ本部を選ぶときのチェックポイント:③運営の自由度

フランチャイズへ加盟する際には、運営の自由度も必ず確認しましょう。

具体的に確認するポイントは以下のとおりです。

  • 営業時間の変更が可能か
  • キャンペーンの開催を各店舗で決定できるか
  • 他のビジネスと兼業できるか

たとえばマクドナルドであれば、他のビジネスと併行して行うことは禁止されています。

様々な事業を展開したい場合は、複業OKのフランチャイズを選ぶのも手ですよ。

飲食店のフランチャイズ本部を選ぶときのチェックポイント:④事業の再現性

フランチャイズで大切なのは、誰がやっても結果が同じになること。

個人の職人技で成り立つような事業内容では、加盟しても売上が上がるはずがありません。

誰がやっても、同じクオリティになるためには、以下のポイントが大切です。

  • レシピやマニュアルが完備されている
  • 下処理がセントラルキッチンで行われる

セントラルキッチンを導入していない場合は、マニュアルが完備されているなど、味を再現しやすい工夫がされていることが必須。

誰でも収益化できるビジネスモデルになっているかどうかがポイントです。

フランチャイズチャンネルでも、飲食に関するフランチャイズについて語っている回がありますので、是非ともご覧ください。

まとめ

本記事では飲食店のフランチャイズ加盟についてご紹介してきました。

リスクを最小限に抑えつつスピード感をもって多店舗展開できるフランチャイズは、素人の方でも成功しやすいのが魅力。

メリットばかりが語られることの多いフランチャイズですが、そんなに甘い世界ではありません。

経営のノウハウやサポートを受けられるとはいえ、最終的な責任は加盟者にあります。

リスクをしっかりと把握したうえで、フランチャイズ加盟を検討しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今回の記事が参考になりましたら幸いです!

最後に…

フランチャイズチャンネル通信では、フランチャイズに関する超有益な情報を発信しております!

フランチャイズチャンネル通信に無料会員登録をすると、FCチャンネルが良いと判断したフランチャイズブランドの情報を皆様へお届けしています!また、絞り込み検索機能であなたにあったフランチャイズを発見することも可能

まずは無料会員登録をしてみてくださいね!

https://fcch.news/ 登録はこちらから!

また、弊社では「FC本部の学校」というサービスを開始いたしました!

「フランチャイズ業界健全化のために、健全な本部を育てオーナーを支援します!」

ここでは受講することで得られる3つのメリットがあります。

①FC本部の学校認定マーク
→いい本部づくりの姿勢を示し、加盟検討社に安心感を!

②FCチャンネル出演の可能性
→メディア露出による加盟検討社の増加見込み!

③本部運営のサポートを受けられる可能性
→武田塾を始めとした様々なフランチャイズのノウハウを共有!

少しでも興味を持っていただけたらお申し込みはこちらまで!!

https://fc-gakko.com/

この情報をシェアする

関連する記事

news

新着ニュース

  • 2024/05/27

    おすすめFCブランド、FC加盟説明会動画に「カルノリレンタカー」を追加しました。

  • 2024/05/10

    FC加盟説明会動画に「麺処ほん田フリーネーム2WAY」「ホリエモンAI学校」「ディグラム・スカウター」を追加しました。

  • 2024/05/07

    FC加盟説明会動画に「脱毛サロンEKURE」を追加しました。

FC COLUMN

新着FCコラム

FCチャンネル YouTubeチャンネルはこちら