FCチャンネルがいいと判断したFCのみ50件 掲載中

FCコラム

フランチャイズのロイヤリティとは?相場や種類、業界別の相場について徹底解説!

フランチャイズのロイヤリティとは?相場や種類、業界別の相場について徹底解説!

この情報をシェアする

フランチャイズで開業しようか検討されている方の中には

「フランチャイズのロイヤリティって何?」
「相場や種類について知りたい」
「業界別のロイヤリティ相場が知りたい。」


このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

当記事ではこのような悩みを解決していきます。

記事を最後まで読んでいただければ、フランチャイズでロイヤリティが発生する仕組みや種類、業界別の相場について理解していただけるかと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

それでは解説していきます!

フランチャイズのロイヤリティとは

ロイヤリティは、フランチャイズに加盟する際に本部に対し支払う手数料です。

フランチャイズを運営している会社次第では、ロイヤリティを別の呼び名で「フィー」や「チャージ」と呼ぶこともあります。

加盟店は、必要なロイヤリティを本部に対し支払うことで、さまざまなメリットや権利を受けられるのがフランチャイズにおける仕組みとなっています。

フランチャイズへの加盟金・申込金など契約時に支払う費用とは異なり、加盟した後に開業した場合に、定期的に支払う必要がある費用ということを理解しておきましょう。

ロイヤリティが必要な理由

本部に対し支払う手数料と聞いて、「それなら個人で開業した方がお得」と思われる方もいるかも知れません。

フランチャイズでロイヤリティが必要な理由は、以下の通りです。

  • 商標や店名、ロゴを使うため
  • 経営に関するノウハウの教育を受けるため
  • 継続的に支援してもらうため

商標や店名、ロゴを使うため

フランチャイズビジネスでは、基本的に契約を結び加盟した店に対して、本部はフランチャイズパッケージという一連の経営ノウハウやサービスを提供し、加盟した店は、経営ノウハウやサービスへの対価でロイヤリティを支払う仕組みです。

フランチャイズパッケージでは、商標(ブランド)や店名、ロゴの使用権利が与えられるのが代表的な例です。

消費者は、名前を聞いたり、ロゴを見たりすることにより、どんなサービスを提供している店舗なのか判断できるため、新たに開店したばかりの店舗の場合にも一定の信頼が得られます。

個人で開業した場合、店舗の認知や信頼性の獲得には長い時間がかかることが多いため、ロイヤリティを支払い、店名やロゴが利用できるのは、ロイヤリティを支払う大きなメリットでしょう。

経営に関するノウハウの教育を受けるため

業界未経験者の場合でも開業し、オーナーとして経営できるのは、過去にフランチャイズ本部が積んできた経営ノウハウが利用できるからです。

経営ノウハウが提供してもらえるため、初めての方でも安定した経営が可能になります。

また、統一されたブランドイメージやサービスの提供ができるため、消費者は安心して利用でき、信頼も獲得できます。

自分で経営について一から学び実践するのは、難易度も高く時間もかかってしまうことに加え、リスクも大きいため、経営ノウハウが利用できるのは、フランチャイズならではの魅力です。

継続的に支援してもらうため

フランチャイズに加盟した店がロイヤリティを本部に対し支払うことにより、継続的に経営を支援してもらえる権利が受け取れます。

経営の支援には、ビジネスを成功に導くためのマーケティング方法やマネジメント方法、店舗の管理術といったさまざまなサポートが含まれています。

例えオーナーに経営経験がある場合でも、業種や業界が変われば、マーケティング方法やマネジメント方法なども大きく変わります。

また、時代によってもニーズは変動しますので、そういった意味においても、すべての情報が集まるフランチャイズ本部からサポートを受けられるのはメリットといえるでしょう。

加盟店は、本部にロイヤリティを支払うことで、ビジネスを成功に導くためのサポートが受けられます。

そのため、経験したことのない業界や業種の場合にも安心して経営することができるようになります。

またフランチャイズ本部によっては、専門のスーパーバイザーを加盟店に派遣しているという点も注目です。

業界・業種の内情について熟知しているだけでなく、ビジネスを成功に導くための術を持ったスーパーバイザーにサポートしてもらえることにより、ビジネスの成功確率を高めることが期待できます。

ロイヤリティの種類

ロイヤリティの種類は、主に以下3つです。

粗利分配方式

粗利分配方式とは、フランチャイズに加盟した店舗の粗利益に対し、都度ロイヤリティを求める方式です。

店舗の利益が上がれば上がるほど高いロイヤリティが発生しますが、契約している加盟店の利益も高くなる特徴があります。

一般的にコンビニでフランチャイズ契約する際に行われる方式ですが、その他の業界ではあまり採用されていない方式です。

売上歩合方式

売上歩合方式とは、加盟店の売上に対して、決められた割合を本部に支払う方式のロイヤリティです。

こちらも、店舗の売り上げが上がる程、ロイヤリティで支払う金額は増加します。ここ最近では、売上金額によってロイヤリティの割合を減らす本部も増えてきているようです。

この方式の場合、売上が良くても利益が出ていない加盟店は、不満が出るでしょう。

その月の売上かいい理由が、多額の広告宣伝費によるものであれば、そもそも手元に残る利益はわずか。

しかし、売上が良いために多額のロイヤリティを本部に納める必要があります。

したがって、この方式で算出するロイヤリティの場合、商品を仕入れる金額や、経費によって、加盟店の手元に利益が大きく左右されます

そのため、仕入原価の低減や変動費の削減が重要なポイントといえるでしょう。

定額方式

定額方式とは、粗利益や売上に関係なく、定められた金額を毎月本部に対して支払う方式

上記で解説した「粗利分配方式」と「売上歩合方式」とは異なり、ロイヤリティが変わらないため、売上管理がしやすいメリットがあります。

売上が上がる程、加盟店における利益が上がることもメリットではありますが、その反面、売上が下がってしまっている場合でも同じ金額のロイヤリティを本部に支払う必要があるため、大きな負担になる可能性があるデメリットも存在します。

業種別のロイヤリティ相場

ここからは、業種別のロイヤリティ相場について解説していきます。

  • 飲食業
  • ハウスクリーニング業
  • マッサージ、エステ
  • 学習塾

フランチャイズで多いとされる上記4つについて、順番に見ていきましょう。

飲食業

フランチャイズに加盟した店舗が本部に対して支払うロイヤリティの相場は、業種・サポート内容・本部の事業規模などにより変わってきます。

カレー店のような飲食業でフランチャイズ契約を結ぶ場合のロイヤリティ相場は、フランチャイズに加盟した店舗の売上に対し約3〜10%程度です。

飲食店経営では、人件費や家賃、水道光熱費、原材料費といったさまざまなコストが発生します。

その分原価率も高いビジネスモデルであり、比較的ロイヤリティは低く設定されているのが特徴です。

売上は歩合方式を採用しているケースがほとんどになりますが、本部次第では毎月約3~8万円のロイヤリティを設定している定額方式の場合もあるため、契約前に必ず確認しておきましょう。

ハウスクリーニング業

多くのハウスクリーニングでは、定額方式が採用されており、一般的に約4~8万円がロイヤリティの相場です。

一般的というだけで、ロイヤリティが相場より高くなることも、安くなることもありますが、その理由は研修やスーパーバイザーの有無といったサポート内容の違いといわれています。

そのため、業界を経験したことがない方が開業する際は、サポート内容が充実しているかを、十分に確認したうえで選ぶようにしましょう。

マッサージ・エステ

マッサージ・エステ店では、多くの場合、ロイヤリティが5%前後に設定されています。

この相場よりもロイヤリティが低く設定されている場合は、本部からエステ機器を借りる条件設定になっている可能性が高いです。

エステで使う美容品販売も行っている店舗の場合、美容品の売上金額に対し何割かの割合をロイヤリティとして支払うシステムもあります

具体的には、美容品の売上に対し8%のロイヤリティを支払うケースなどが挙げられます。

マッサージやエステは、定期的に顧客が通うビジネスモデルでもあり、中長期的な利益や売上が期待できるのが特徴

しかし、フランチャイズの本部が指定する商材やマシンの購入が必要な場合もあり、思わぬ出費が発生することがあります。

そのため、機器の購入やレンタルについては、契約前に入念に確認しておきましょう。

学習塾

学習塾におけるロイヤリティは、人件費や材料費などが他の業界と比べて、安く済む代わりに、約10~30%と高めの設定となっています。

また、フランチャイズへの入会金に関しても、約30〜50%を本部に支払うケースが多いです。

加盟するフランチャイズ本部次第では、売上でなく生徒人数からロイヤリティを算出する場合もあります。

ロイヤリティの相場については、フランチャイズチャネルのYouTube動画でも取り上げられていますので、以

動画も参考にしてみて下さい。

ロイヤリティと廃業の関係性

高いロイヤリティを支払う必要があるフランチャイズでは、経営が厳しくなり失敗しやすいと思っている方も多くいます。

毎月本部に対し支払うロイヤリティが高いことで、資金繰りが厳しくなることは事実です。

しかし、例え高いロイヤリティを支払うシステムだったとしても、必ず廃業しやすいかというと、そうではありません

加盟するフランチャイズ本部に対し、高いロイヤリティを支払う分、それに見合ったサポートを提供してもらえ、経営が成功しやすくなる可能性もあります。

本部が強いブランド力を持っていれば、集客にもそれほど苦労することがありません。

また、加盟店は本部が開発した商品を活用できることで、認知されていない競合他社や個人店に比べて、遥かに売上を伸ばしやすいといえるでしょう。

その一方で、ロイヤリティが低くても、本部のフランチャイズに魅力が少なくブランド力も弱い場合は、売上が伸ばせず失敗してしまう可能性があります。

このように、ロイヤリティが高いと失敗しやすく、安ければ成功しやすいといったことはありません。

そのため、フランチャイズを検討する際は、ロイヤリティはもちろん大切ですが、ブランド力やサポートといった部分も考慮し検討しましょう。

ロイヤリティがかからないこともある

フランチャイズによっては、ロイヤリティがかからない本部も存在します。

毎月の売上からロイヤリティを支払わない分、大きな利益が得られるメリットがあるものの、必ずしもロイヤリティがかからない方が良いということはなく、デメリットも存在するため注意が必要しましょう。

ロイヤリティがかからない場合、本部はフランチャイズ加盟店に対し、ロイヤリティ以外の方法で徴収することが多いです。

例えば、商品仕入れ価格が高めに設定されていたり、管理手数料や会員費用という項目で、本部に加盟店が手数料を支払う仕組みになっていたりする場合があります。

このように、ロイヤリティがかからないからといって、必ず手数料が安いわけではありませんので、注意してください。

ロイヤリティがかからない事例については、フランチャイズチャネルのYouTube動画でも取り上げられていますので、以下動画も参考にしてみて下さい。

ロイヤリティは契約前に十分確認しよう

ここまで、業界別のロイヤリティ相場について解説してきましたが、本部が定めるロイヤリティの割合や金額設定は、企業により変わってきます。

また、前述したように、ロイヤリティが高いと利益も少なくなってしまう、低ければ大きな利益が得られるとは限らないため、注意が必要です。

コンビニを例にすると、コンビニは他業種と比較して、ロイヤリティが高めの設定になっていることが多い一方で、手厚いサポートが受けられたり、強いブランド力を利用できたりするため、結果的に大きな利益を生む可能性があります。

フランチャイズ加盟をロイヤリティで判断する上では、相場に対し不自然な相場となっていないか契約する前にしっかりと確認することが大切です。

開業する際に資金が足りず融資を受けたような場合は、毎月の返済に加えて、定期的に発生するロイヤリティが高いと、大きな負担になる可能性もあります。

業種別に多種多様なフランチャイズ企業が存在しますので、フランチャイズに加盟する場合、本部とは長期的な付き合いになることを前提に加盟を検討しましょう

フランチャイズ本部の社会的信用力は当然のこと、ブランド力やサービス開発力など、企業が持つ強みも考慮した上で選択するようにするといいですよ。

サポート内容は、契約する前に本部に確認できますので、支払うロイヤリティに対して、納得できるサポートがあるか確認したうえで契約を結ぶことで、本部とWIN-WINの関係を結べるでしょう。

まとめ

ロイヤリティは、フランチャイズに加盟する際に本部に対し支払う手数料です。

ロイヤリティが必要な理由は、商標や店名、ロゴを使うためや、経営に関するノウハウの教育を受けるためなどが挙げられます。

ロイヤリティには、粗利分配方式・売上歩合方式・定額方式の3種類があり、それぞれにメリット・デメリットが存在するため、フランチャイズで開業しようか検討されている方は、それぞれのメリット・デメリットについて十分理解することが大切です。

また、ロイヤリティの相場は業種や企業にもより異なりますが、高ければ失敗しやすい、安ければ成功しやすいとは一概にはいえません

そのため、フランチャイズに加盟するか検討する際は、支払うロイヤリティに対し十分なサポートやサービスが受けられるか検討したうえで選ぶようにしましょう。

また、そのような判断をするためにも、業界別のロイヤリティ相場について理解しておく必要がありますので、本記事をぜひ参考にしてください!

最後に…

フランチャイズチャンネル通信では、フランチャイズに関する超有益な情報を発信しております!

フランチャイズチャンネル通信に無料会員登録をすると、FCチャンネルが良いと判断したフランチャイズブランドの情報だけを皆様へお届けしています!また、絞り込み検索機能であなたにあったフランチャイズを発見することも出来るでしょう!

まずは無料会員登録を!

https://fcch.news/ 登録はこちらから!

また、弊社では「FC本部の学校」というサービスを開始いたしました!

「フランチャイズ業界健全化のために、健全な本部を育てオーナーを支援します!」

ここでは受講することで得られる3つのメリットがあります。

①FC本部の学校認定マーク

→いい本部づくりの姿勢を示し、加盟検討社に安心感を!

②FCチャンネル出演の可能性

→メディア露出による加盟検討社の増加見込み!

③本部運営のサポートを受けられる可能性

→武田塾を始めとした様々なフランチャイズのノウハウを共有!

少しでも興味を持っていただけたらお申し込みはこちらまで!!

https://fc-gakko.com/

この情報をシェアする

関連する記事

news

新着ニュース

  • 2024/06/10

    FC加盟説明会動画に「BRISK STAND」を追加しました。

  • 2024/06/04

    おすすめFCブランドに「BRISK STAND」を追加しました。

  • 2024/05/27

    おすすめFCブランド、FC加盟説明会動画に「カルノリレンタカー」を追加しました。

FC COLUMN

新着FCコラム

FCチャンネル YouTubeチャンネルはこちら