FCチャンネルがいいと判断したFCのみ50件 掲載中

FCコラム

結婚相談所のフランチャイズとは?開業するメリット・デメリットについて徹底解説!

結婚相談所のフランチャイズとは?開業するメリット・デメリットについて徹底解説!

この情報をシェアする

フランチャイズで結婚相談所の開業を検討されている方の中には、

「フランチャイズで結婚相談所の開業ができるのか知りたい。」

「開業するメリットやデメリット、今後について知りたい。」

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

当記事ではこのような悩みを解決していきます。

記事を最後まで読んでいただければ、フランチャイズで結婚相談所は開業できるのか、開業するメリットやデメリットについて理解していただけるかと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

それでは解説していきます!

結婚相談所とは

結婚相談所は、結婚について真剣に考えている人達が会員登録して、結婚相談所から多くのサポートを受けながら成婚することを目標にしたサービスのことです。

結婚相談所における一般的なサービス内容には、結婚相手の紹介をはじめ、交際する前や交際している際のサポートをすることなどがあります。

プロフィールの作成・デートといった、婚活におけるあらゆる面でサポートが受けられるのが魅力です。

また、結婚相談所によっては、お見合いをセッティングしたり、お断りする際に本人に代わって伝達したりといった、よりサポートが充実している結婚相談所も存在します。

アドバイザーと協力し、婚活を二人三脚で進める仲人型の結婚相談所、データマッチング型と仲人型が複合した結婚相談所など、サービス内容は結婚相談所によってさまざまです。

結婚相談所をフランチャイズで開業する際の費用

結婚相談所を開業する際に必要になる資金は、結婚相談所の運営方法・規模次第で大きく変わります。

一般的にフランチャイズで結婚相談所を開業する際にかかる初期費用は、約100~500万円です。

具体的に費用としては以下表のとおりです。

費用目安
加盟料約100~300万円
システム・サービス利用料約100~200万円
事務所賃料約5~10万円
研修費約50~100万円
備品・消耗品購入費約5~10万円

また、運営費用でかかる費用は、以下の表のとおりです。

費用目安
広告宣伝費月額数万円~数十万円
会員成婚料会員1人につき数十万円
事務手数料月額数万円

このように、結婚相談所をフランチャイズで開業する際は、ある程度の初期費用が必要になり、個人で開業した方が初期費用を安く抑えられる可能性があります。

理由は、上記表からも分かるように、フランチャイズで開業した場合、加盟料やシステム利用料といった費用がかかってくるからです。

しかし、フランチャイズで結婚相談所を開業することにより、本部が所有する広告宣伝力や会員データベースを活用し、集客が可能な点は見逃せません。

さらに、本部から多くのサポートが受けられるため、開業した後の成功率を上げられるのはフランチャイズならではの魅力といえるでしょう。

結婚相談所を開業するメリット

結婚相談所を開業するメリットは、以下6つです。

メリット:①開業コスト・運営コストが低め

結婚相談所の開業は、開業コストや運営コストが比較的低めです。

他業種の場合、店舗賃料・設備購入費といった費用が発生するため、開業するコストが大きくなりがちであり、人材を雇って運営する際には、さらに人件費などもかかってきます。

しかし、結婚相談所は、フランチャイズ本部によっては店舗を借りることなく自宅の一室からスタートできる場合があります。また、システム・サービスを使う際には、その費用だけ支払えばよく、費用を抑えながら開業することが可能です。

さらに、近年では、オンライン結婚相談所も増加しており、店舗を所有することなく開業することも可能になってきました。

オンライン結婚相談所の場合、プロフィールを閲覧したり、お見合いを申し込んだりといったことをネット上で行えるため、店舗を所有しなくて済みます。

その結果、大きく初期投資をかけることなく開業が可能であり、また、運用コストも低くすることが可能です。

メリット:②成婚した場合は追加収入が獲得できる

結婚相談所の運営で獲得できる収入は、登録した際の入会金や月額利用料以外にもあります。

婚活のサポートを受けるための料金や、企画したパーティー、お見合い参加費用、セッティング費といった、さまざまなサービスを会員に提供することで、会員からサービス利用料が受け取れます

さらに、パートナーを見つけ、結婚に至った際には、会員から成婚料を受け取ることが可能。

成婚料がいくらに設定されているかは、選択したフランチャイズ次第で変わるものの、できるだけ多数の会員を成婚に導ければ、導いた分だけ収入を上げられます。

メリット:③未経験者でも開業できる

結婚相談所は、未経験者でも開業できます。

結婚相談所を開業するには、特別な資格は必要なく、未経験者でも開業が可能です。

フランチャイズで結婚相談所を開業することで、結婚相談所を運営するためのノウハウを提供してもらえたり、開業する前に運営に関する研修が受けられたりするため、未経験者でも安心して始められます。

メリット:④場所や時間の制約が少ない

結婚相談所の形態次第では、オンラインで活動できる場合があります。

また、会員と実際に合う際にも、近くのレンタルスペースやカフェを利用できるため、働きやすいメリットがあります。

そのため、場所や時間に捉われず、自由に労働したい方におすすめです。

メリット:⑤「人」に幸せを提供できる仕事

結婚相談所は、収益のみならず「人」に幸せを提供できるやりがいのある仕事です。

いつか結婚したいと思っているものの、良いパートナーに出会えていなという方は多くいます。

年々少子化が進行していることもあり、国や自治体は結婚する人が増加する社会を目指し予算を組み、対策している状況です。

結婚願望のある人達に対し、お互いにとって適切な相手が紹介できる縁結びともいえる結婚相談所の仕事は、社会的ニーズ・貢献度も高い仕事といえます。

メリット:⑥副業でも開始できる

結婚相談所は、空いた時間を活用できる副業としても注目を集めているビジネスです。

会員の多くが、平日は仕事で忙しいため、電話やメールでやり取りすることが多く、土日や平日の夜間など、休日に取り組むことが多いです。

そのため、本業と両立できる場合もあります。

フランチャイズチャンネルのYouTube動画でも、副業として結婚相談所を開業し、3年経過した時点で本業の1.5倍の収入を稼いでいる方の例が紹介されています。

結婚相談所を開業するデメリット

結婚相談所を開業するデメリットは、以下6つです。

デメリット:①集客が困難

結婚相談所では、集客が困難というデメリットがあります。

しかし、フランチャイズに加盟し、結婚相談所を開業することで、このような集客が困難というデメリットを大幅に減らせる可能性が高いです。

一般的に、結婚相談所では会員制サービスを提供しているため、会員を集められなければ、サービス利用料をもらうことはもちろん、成婚させることも不可能です。

フランチャイズに加盟せずに自力で集客しようと思うと、人件費や広告宣伝費といった費用が発生し、また、経験やノウハウを所有していない場合は、集客を効果的に行えない可能性があります。

その一方で、フランチャイズに加盟し結婚相談所を開業することで、本部の所有する広告宣伝力や会員データベースなどを活用した集客が可能です。

そのため、自分の力で集客するよりも、効率的に行えます。

フランチャイズに加盟することで、加盟料などのコストが発生するものの、発生するコスト以上に売上を向上できる可能性も高いです。

フランチャイズチャンネルのYouTube動画でも、フランチャイズに加盟することで全国の会員を顧客として持てるメリットが解説されていますので、確認してみて下さい。

デメリット:②ブランド力のあるフランチャイズではリスクも存在する

ブランド力が高いフランチャイズに加盟することで、武器として活用できると考える人は多いです。

しかし、高い知名度やブランド力があることは、本部または自分以外の店舗で何かトラブルが発生し、ブランドに対してネガティブな印象が付くことで、無関係の自分の店舗にも被害を及ぼす可能性があります。

ブランド力が高いのは、その分良い影響も受けられますが、それと同等に批判されやすいリスクもありますので注意しましょう。

デメリット:③コストが高くなる場合もある

フランチャイズで結婚相談所を開業する場合、加盟するためのコストが高額になる可能性があることもデメリットです。

フランチャイズに加盟し開業することで、本部からさまざまな面でサポートしてもらえるメリットがあります。

しかし、その反面、加盟するための費用やシステム利用料、研修費といった費用がかかるため、加盟する本部次第では開業コストや運営コストが個人開業に比べ高くなってしまう場合もあります。

個人で開業する場合と、フランチャイズに加盟して開業する、両者のメリットおよびデメリットを把握した上で、自分に適した開業方法を選択しましょう。

デメリット:④多くの競合がいる

年々結婚相談所の数が増え、全国に5,000以上の結婚相談所事業者が存在しています。

そのため、競合他者と差別化できない限り、成功するのはなかなか難しいでしょう。

また、近年利用者が増加している恋愛マッチングアプリのような、結婚相談所と似ている事業も多く存在するため、多くの競合と差別化し利益を上げなければなりません。

デメリット:⑤自由に運営しにくい

結婚相談所に限定した話ではなく、フランチャイズで事業を運営する場合、運営および経営の自由度が低くなります

フランチャイズの場合、基本的にブランドイメージやブランド力を守る目的で、運営マニュアルなどが存在します。

運営を効率的に行う上でも必要になるマニュアルで、売り上げを向上させていく際に頼りとなるマニュアルです。

しかし、その分運営における自由度は低くなってしまいます。

そのため、運営に強いこだわりを持っている場合は、加盟を考えているフランチャイズに対し直接問い合わせてみましょう。

デメリット:⑥契約期間が存在する場合がある

フランチャイズによっては、契約期間が設定されている場合があります。

自分自身はやめる気が無くても契約が終了してしまうことも少なくありません。

そのため、加盟する前には必ず契約内容を確認し、納得してから加盟するようにしましょう。

結婚相談所で成功するポイント

フランチャイズで結婚相談所を開業し成功するには、「コストやリスクが低いから」「簡単に開業できるから」など軽い気持ちで開業せず、サービスの差別化や集客など、十分にフランチャイズ本部の特徴を検討することが大切です。

せっかくフランチャイズに加盟した場合でも、全然利益が出せない上に、長い拘束時間から労力に合った収益が得られなかったなどの理由で、数年のうちに閉業する事例も少なくありません。

また、成功するには、相手の人生をよりよいものにするために、相手に寄り添って考えることや、会員の魅力をお見合いする相手に正確に伝えられる能力が求められます。

実際にフランチャイズに加盟する前に、自分がこうした心構えで運営できるのか、しっかりと検討してみましょう。

結婚相談所の将来性

結婚相談所で会員登録する場合、入会金や月会費をはじめ、お見合い費、活動サポート費などさまざまな費用がかかります。

サービスにより違いはありますが、このような費用は会員一人につき、一年間で数十万円程度かかるのが一般的です。

それに対して、近年利用者が増加し一般的になってきているマッチングアプリなどは、月に数千円といった低価格で利用できます。

また、近年は結婚しない人も増えているのが現状です。

そのため、より競合と差別化が大事になるだけでなく、結婚願望者の増減など現代社会の動きにも注意する必要があります。

しかし、以下のYouTube動画で解説されていますが、結婚を目的にマッチングアプリを使用するものの、必ずしも成功に至るわけではなく、マッチングアプリの市場が拡大したことで、結果的に結婚相談所を利用する方が増えているという動きもあるようです。

まとめ

結婚相談所は、結婚について真剣に考えている人達が会員登録して、結婚相談所から多くのサポートを受けながら成婚することを目標にしたサービスのこと。

フランチャイズで結婚相談所を開業する際にかかる初期費用は、約100~500万円です。

開業するメリットには、開業コスト・運営コストが低めなことや、成婚した場合は追加収入が獲得できることなどがあります。

その一方で、結婚相談所をフランチャイズで開業する場合は、不祥事のリスクも存在したり、初期費用が高くなったりするのはデメリットです。

そのため、結婚相談所を開業しようか検討されている方は、開業するメリット・デメリットや、将来性について十分理解した上で検討するようにしましょう。

この情報をシェアする

関連する記事

news

新着ニュース

  • 2024/06/10

    FC加盟説明会動画に「BRISK STAND」を追加しました。

  • 2024/06/04

    おすすめFCブランドに「BRISK STAND」を追加しました。

  • 2024/05/27

    おすすめFCブランド、FC加盟説明会動画に「カルノリレンタカー」を追加しました。

FC COLUMN

新着FCコラム

FCチャンネル YouTubeチャンネルはこちら